尿酸値を下げる飲み物とは

尿酸値を下げるために一番手っ取り早いのは多くの水分を摂ることです。水分を摂り尿量が上がれば、尿酸も排出されやすくなります。注意点としては、炭酸飲料やフルーツジュースなど糖分の多いものではなく「水」で水分補給しましょう。

水以外で尿酸値を下げるためにオススメの飲み物は、ズバリ「コーヒー」です。

コーヒーは朝や昼食後、仕事中にも飲む方は多いと思います。夏はアイスコーヒー、冬はホットと一息入れたい時には欠かせませんよね。私もコーヒーは大好きです。

珈琲にはリラックス効果以外にも、様々なうれしい効果があります。尿酸値が高めの方にも嬉しい効果がありますので解説していきます。

尿酸値を下げる「コーヒー」の様々な効果効能

コーヒーに含まれるポリフェノールの一種「クロロゲン酸」という物質が、尿酸値を下げる役割があるという事をアメリカの大学が発表しています。

さらに、コーヒーには利尿作用がありますよね。尿酸プールに溜まってしまった尿酸を、尿と一緒に排出できる効果もあるのがコーヒーなのです!

ただし、ガブ飲みすればいいという分けではありません。ではいったい、1日どのくらいの量を飲むのが良いのでしょうか…?

尿酸値を下げるために最適な1日のコーヒー目安量

SeminArthritisRheum.2016というアメリカの専門ジャーナル紙のレポートによると、1日4杯飲む事で尿酸値降下率が明らかに違うという結果が出ています。

1日4杯も飲んでいいのか!?と少し驚きましたが、2杯でも3杯でもOKのようで、4杯飲んだグループが一番結果が出たという事のようです。私は1日平均2~3杯なのでこれを続けていきます。

注意点としては、コーヒーはブラック珈琲限定になります。砂糖やコーヒーフレッシュを入れたものを何杯も飲んでいると糖分過多になり逆効果になってしまいます!

ブラックが苦手な方は牛乳や豆乳で割って飲むのはOKのようです。また、コーヒーに関してはレギュラーじゃなくインスタントコーヒーでも、効果はさほど変わらないとの事です。

1日のコーヒー摂取量上限は?

コーヒーを飲み過ぎると胃に負担が掛かるや、カフェインの過剰摂取に繋がるなどよく聞きますよね。でも1日5杯ぐらいまでなら問題なしと欧州食品安全機関が発表しています。

飲む量よりも気を付けたいのは「コーヒーを飲む時間」です。ご存知の通りカフェインには覚醒作用がありシャキッとします。就寝前に飲んでしまうと寝つきが悪くなったり質の良い睡眠が取りづらくなったりする恐れがあるので注意が必要です。

コーヒーのその他の良い効果とは…?

コーヒーはカフェインの覚醒効果以外にも、ポリフェノールが赤ワインに匹敵する程の量が含まれています。

ポリフェノールが豊富な赤ワインをよく飲むフランス人は脂っこい食事をとっているにもかかわらず「心疾患」での死亡率が低いことが確認されていますし、ポリフェノールは活性酸素から体を守る抗酸化作用が高いことで有名ですよね。

コーヒーのその他の効果

2015年には国立がん研究センターの研究グループが「心臓病、脳卒中、呼吸器疾患」による死亡リスクが低下するという研究結果を発表しています。

さらには、大腸がんや肝がんの予防、2型糖尿病の血糖値の改善、肥満防止など多岐にわたる効果が報告されています。

以上のことから、尿酸値を下げるには常に水で利尿作用を高めながら、1日数杯のコーヒーを飲むのがベストのようです。さらに尿酸値を下げるサプリメントも併用すれば、嬉しい結果が付いてくると思います。