尿酸やプリン体、痛風に関する「ウソ・ホント」のまとめ

プリン体や尿酸値が気になる人は、関連したワードをよく調べますよね。私もよく調べていましたからわかります!

例えば「ビールはプリン体が多いから焼酎にしよう」とか「ビールでもプリン体ゼロ」なら大丈夫とか…沢山ありますよね。今回はそんなプリン体、尿酸値、痛風に関しての「ウソ・ホント」をまとめていきます。

尿酸やプリン体、痛風に関する「ウソ×・ホント〇」

まずは、みんな知りたい代表的なクエスチョンからまとめましょう。
ビールはダメでも焼酎なら大丈夫?

この内容は普段サラリーマンの方もよく言ってますよね。結論から言うと×です!ビールがダメで焼酎がOKとかではなく、お酒にはアルコールが入っています。

アルコールには利尿作用があり、一時的であっても体内の水分を急激に減らしてしまう作用があります。その結果、体内で尿酸が凝縮し尿酸値が上がりやすくなります。焼酎などはビールより飲む量は少ないと思いますがアルコール度数が高く、少量でも影響がでやすくなります。

ですので、焼酎・ワイン・ウイスキー・日本酒どのお酒も尿酸値という観念からは飲みすぎはよくありません。もちろん、プリン体ゼロのビールも同じです。

もちろん少しは飲みたいし、付き合いもあると思います。元来「酒は百薬の長」とも言われています。適量であれば百薬の長ですが、適量を超えると百害になってしまいます。

では適量とはどのくらいかというと、ビールなら500ml、日本酒なら1合(180ml)、ワインなら150ml、ウイスキー・ブランデーなら60ml、焼酎なら90mlと言われています。

う~ん。飲む人にとっては厳しい量ですよね…まずは努力目標として頭に入れておきましょう。また、毎日飲むのではなく休肝日を作るのも大切です。内臓を労わってください。
甘い物はダメでも果物だったら沢山食べても大丈夫?

果物はビタミン類も摂取できて欠かせない食品の一つです。しかし、これも沢山食べるのは×です。果物に含まれる果糖は摂りすぎると尿酸値が上がるというデータがでています。

果物の適量はミカンであれば1日2つ程度、リンゴや梨であれば半分程度。イチゴは小粒であれば10粒程度であれば、おいしくカラダにも負担がないと言われています。

尿酸値を下げるには水をたくさん飲めばいいってホント?

これは〇(ホント)です。理由は体に溜まった尿酸は尿と一緒に排出されるため、体の水分量を保ちながら尿の量を増やすことは大切です。目安としては1日2リットルの水を飲む事が推奨されています。もちろん、ジュースや炭酸飲料、スポーツドリンクではなく、水もしくはお茶がよいです。

尿酸値は高いけど何もないから大丈夫?

これは×(ウソ)です。尿酸値が高くても痛風発作がでない(でにくい)人はいます。これは体質的なものですが、放っておくと尿路結石や腎臓病、生活習慣病などより深刻な症状になり易くなるので、痛みが出ないから大丈夫というのは非常に危険です。

尿酸値を下げるにはハードトレーニングで鍛えればいい?

これは×(ウソ)です。ただし、適度の運動であれば◎です。「スポーツ選手やハードトレーニング」をする人に痛風患者が多いわけでも詳しく書きましたが、激しい運動(無酸素運動)はプリン体が急速に作られます。また、大量の発汗は体内の水分量を枯渇させてしまいがちです。

少し汗ばむ程度の運動、ウオーキングなら正しい姿勢で20分程度の有酸素運動は尿酸対策だけでなく健康維持に必要不可欠です。

魚卵はプリン体が多いってほんと?

これは種類にもよりますが×(ウソ)です。タラコや明太子は高めの食材になりますが、あまり大量には食べない食材ですし、イクラに関しては非常にプリン体含有量が少ない食品に分類されます。以前記事「尿酸値を下げるために…プリン体の多い食品、少ない食品」を食材選びの参考にして下さい。

女性は痛風にならないってほんと?

これは×(ウソ)です。確かに男性の方が痛風になり易いのは事実ですが、近年女性痛風患者数は1992年からの約十年間で約2倍、直近30年間では4倍近くに増えているとの事です。元来女性ホルモンの関係上、女性は痛風にはなりにくいのですが、食生活の欧米化や女性の社会進出によるストレス増加、アルコール量増加などが原因とされています。

痛風の薬には副作用があるってほんと?

これは〇(ホント)です。処方されるクスリにもよりますが、薬というのは長期間飲むと何らかの副作用がでるのは致し方ないことです。発作が出て痛みを和らげるには当面痛み止めも飲まなくてはなりませんし、尿酸降下薬など服用することになります。詳しくは「痛風を発症してしまった場合に処方される薬の効果と副作用」をご覧ください。

痛風や尿酸値対策のサプリメントや漢方って効果あるの?

これは〇(ホント)です。もちろん痛風発作が出てしまい痛みがある状況で飲んでも手遅れですが、発作が出ないように尿酸値を上げない予防という観念では副作用もなく続けられます。事前予防や、発作が落ち着いてから飲む人は多いです。