「スポーツ選手やハードトレーニング」をする人に痛風患者が多いわけ

痛風というと運動せずに不摂生している人が発症するというイメージですが、実はスポーツ選手やハードトレーニングしている人も痛風になり易いのを知っていましたか…?

スポーツ選手は食生活も自己管理していますし、運動もストイックなまでにしてます。でも、痛風になりやすい人が多いのです。今回はなぜスポーツ選手やハードトレーニングをする人に痛風患者が多いのかを解説していきます。

スポーツ選手やトレーニングする人に痛風患者が多い理由

スポーツ選手やトレーニングする人に痛風が出やすい理由は以下の2つです。

理由①:プリン体が急速に作られやすい

体を激しく動かすことにより、筋肉やその他の組織に新陳代謝が生まれます。その結果、プリン体が通常よりも格段に早く生成され筋肉内の尿酸値が一気に上がります。短時間で一気に尿酸値が上がってしまうスポーツ選手に痛風発作が出やすい理由です。

理由②:大量の発汗

スポーツをする事により大量の発汗が生じ、体内の水分が不足しやすくなります。その結果、腎臓からの尿酸排出がスムーズになされず尿酸値上昇につながります。

付け加えると、普段運動していない人が急にハードな運動を行うと尿酸値上昇率が、スポーツ選手に比べて2倍以上になると言われています。

普段あまり体を動かしていない人は、急な運動は逆効果になるので徐々に慣らしていく方が無難です。しかし、スポーツや運動が痛風に悪いわけではありません!

なぜかというと、尿酸値を上げる要因として「肥満、血行不良」などがあり、こういった根本原因の解決には適度な運動は非常に効果的だからです。

痛風予防におすすめの運動

ここまでお話したように運動が悪いのではなく、問題はその強度です。強度の高いスポーツや運動を急に行うことによってリスクが高まるのです。

普段全く動かないメタボリックな中年男性であれば、ウォーキングやゴルフの打ちっぱなし、バッティングセンターぐらいがおすすめです。

いきなりフットサルやバスケなど、強度の高いスポーツは厳禁です。強度の低いスポーツや運動であれば、肥満や血行不良も改善され尿酸値低下につながります。

また、強度の高い無酸素運動より「有酸素運動」の方がプリン体の生成が抑えられます。続けられる範囲で、継続して続けることが体調改善にも繋がります。

因みにウォーキングだと正しい姿勢で20分程度、少し汗ばむ程度の運動を毎日でなくとも継続するのがポイントです。